2011年4月5日 安曇野市  戻る
 9:15 実家の北側の休耕田 赤スモモの木と常念岳  0086  9:15 同 同 白壁の建物は浅川酒店  0087
 9:17 実家の南側の庭に囲ってあった「籾殻」をぼてで運ぶ 0088  9:31 実家の北側の休耕田に「ウド」が出ます その出そうな
場所に大きな缶を逆さまに被せ、中に「籾殻」を  0089
 9:32 同 同 左側が「籾殻」を入れて蓋を 右は使いません 0090  10:05 実家の北側の休耕田に サルスベリの木が 剪定 0091
 10:05 同 同 同  0092  10:05 同 アジサイも剪定  0093
 10:05 同 同  0094  10:14 ゴミ収集場所と消火水槽 向こうに常念岳  0095
 10:14 同 その横に小梅の花が咲いてました  0096  10:15 同 同  0097
 10:16 同 その先にて 私の大好きな鹿島槍ヶ岳等  0099  10: 同 常念岳 右が浅川酒店  0100

 4月5日、安曇野市の実家で7時15分起床。2℃。晴れ。実家にいます。

 9時過ぎから、ウドの生えてくる場所に大きな缶を逆さまに置いて、その中に「籾殻」を入れてと親父が言うので、まず一輪車のゴム車輪の虫ゴムを取り替えて空気を入れました。
 そして、実家の南側に囲ってあった「籾殻」をぼてに入れて、一輪車で運びました。
 実家の北側の休耕田の赤スモモの木のそばに「ウド」が生えてきますが、その生えてきそうな場所に、大きな缶を逆さまに置いて、中に運んで来た「籾殻」を入れて、蓋をします。
 ぼてで2回半位が中に入りました。もう1つ缶がありますが、今年は1個だけ使うそうです。
  昨年のウドの収穫を見てください。日記の最後4枚です。白いウドを収穫です。
 その後、少し東側に育っている、百日紅(サルスベリ)とアジサイの剪定をしました。
 百日紅は少し前に、一部親父が剪定したのですが、腕が上がらないと、残してあったのを私が剪定しました。
 その横のアジサイは、古い茎を根本から切り、新しいのは、上部を少し切りましたが、切りすぎたかな。
 その後、西側に移動して、ゴミ収集場所と消火水槽の西北側の草退治の続きをしました。昨日午後3時間ほどしました。
 今日も3人で2時間弱、草退治をしましたが、遅々として進まず、まだまだ時間がかかります。
 親父が12時半過ぎに出かけると言うので、いつもよりは早い昼飯となりました。
 昼飯後、私は用があるからと、穂高へ行こうとすると、女房が夜行く所の下見に行きたいので、寄ってくださいと言うので、いやいやながら乗せて行きました。
 地図が古いのか、目的地に中々到着しませんで、2回人に聞きまして、それでもダメで、私がカーナビで検索してようやく到着しました。
 わさび屋さんですが、小売で無いようで、看板が出てませんで、通りすぎてました。女房、そこの店のおばあさんと少し話をしました。
 次に八十二銀行に行き、振込みをしまして、実家へ戻りました。


今後の予定。
 4月6日 早朝スキーは無くなりましたが、Hakuba47でスキー滑走58日目予定。

次の日へ   戻る   前日へ             EN写真工房   中村 悦義  スキー スノーボード 写真撮影